マイオファッシャルリリース&各種軟部組織セラピー


我々の身体の結合組織は、様々なストレスによりコラーゲンのクロスリンクという独特増殖を促し、固く、伸びにくい組織を作ります。その結果、身体局所の栄養不良、筋の短縮の維持、痛閾値低下(少しの刺激でも痛みを感じやすい状態)がおこり慢性疼痛を引き起こすと考えられています。

 コラーゲンは血液中の糖と結びつき、糖化現象(グリケーション)をおこし、これもクロスリンクの増殖を促します。エイジング・ケアの基本は、この糖化プロセスを抑えることであり、近代の手技療法究では、慢性疼痛や様々な病気の原因ともなる軟部組織の構成にアプローチることがより重要になると考えられています様々な筋膜のリリース手技やストレッチテクニックは、これらのクロスリンクや癒着を軽減し、組織のリモデリング(再構築)促し、自由・円滑で、活動的な身体を作ることをお手伝いします。